利用料金

施設利用料金

利用施設 利用区分 午前 午後 夜間 昼間 午後夜間 全日
午前9時~
正午まで
午後1時~
午後5時まで
午後6時~
午後10時まで
午前9時~
午後5時まで
午後1時~
午後10時まで
午前9時~
午後10時まで
ホール 平日 12,690 16,890 21,080 25,060 33,660 41,940
土日
休日
15,200 20,230 25,270 29,990 40,370 50,330
大会議室 3/3 7,340 10,150 13,060 15,870 22,570 25,810
 〃   2/3 3,880 5,180 6,690 8,200 11,660 13,380
 〃   1/3 1,940 2,590 3,340 4,100 5,830 6,690
中会議室(和室) 1,080 1,430 1,810 2,330 3,020 3,580
楽屋1 1,440 1,940 2,390 2,900 3,810 4,710
楽屋2 1,440 1,940 2,390 2,900 3,810 4,710
ギャラリー1 - - - - - 2,930
ギャラリー2 - - - - - 2,930
消費税8%込みの金額です。

備考

  1. 入場料その他これに類する料金(以下「入場料」という。)を徴収して施設を利用する場合は、この表に定める利用料の額に次に揚げる入場料の額(入場料の額に2以上の区分があるときは、そのうちの最高額)の区分に応じた額を加算する。
    ア 3,000円以下のもの・・・・10割相当額
    イ 3,000円を越えるのも・・・15割相当額
  2. 入場料を徴収しないが、営利を目的として施設を利用する場合は、この表に定める利用料の額に10割相当額を加算する。
  3. この表に定める利用時間を超えて施設を利用する場合は、この表に定める利用料の額(前2号の規定により加算した場合は、その加算した額を含む。)に1時間までごとに、当該利用料の額の1時間あたりの額(1円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てた額)を加算する。
  4. ホールを準備又は練習の為に利用する場合の利用料は、この表に定める利用料の額(前3号の規定により加算した場合は、その加算した額を含む。)の5割相当額とする。
  5. 冷暖房装置を利用する場合は、この表に定める利用料の額の3割相当額を徴収する。
  6. 照明、音響、舞台道具及びその他の設備器具の利用料は、別に定める。
  7. この表において休日とは、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日をいう。
施設利用料金表(PDF 123KB)

設備器具利用料金

種別 名称 単位 利用料
照明設備器具 ボーダーライト 1列 890
シーリングライト(1kw18台) 1式 3,150
フロントライト(1kw18台) 1式 3,150
スポットライト(1kw) 1台 210
ロアーホリゾントライト(3色) 1列 840
アッパーホリゾントライト(3色) 1列 1,460
ピンスポット(2kwクセノン) 1台 2,730
音響設備器具 ホール拡声装置 1式 2,620
ワイヤレスマイク 1波 1,730
コンデンサーマイク 1本 1,260
ダイナミックマイク 1本 840
カセットデッキ 1台 1,790
CDプレーヤー 1台 1,150
MDプレーヤー 1台 1,150
スタンド式スピーカー 1台 840
大会議室拡声装置 1式 1,570
舞台道具
及び
その他設備器具
音響反射板 1式 2,100
スクリーン 1式 1,260
所作台 1式 5,240
平台 1台 160
金屏風 1双 1,570
地絣り 1枚 950
紗幕 1帳 950
緋毛氈 1枚 420
指揮者台 1台 270
指揮者用譜面台 1台 160
演奏者用譜面台 1台 50
舞台演台 1式 730
映写機(35ミリ・スクリーン含) 1式 10,480
マルチプロジェクター 1式 1,400
スライドプロジェクター 1式 1,040
ビデオプロジェクター 1式 1,040
オーバーヘッドプロジェクター 1式 520
ピアノ 1台 6,290
消費税8%込みの金額です。

備考

  1. 設備、器具利用料は、午前9時から正午まで、午後1時から午後5時まで及び午後6時から午後10時までの、それぞれの時間帯における利用ごとに1回として算定する。
  2. ピアノの調律料は、実費とする。
設備器具利用料金表(PDF 102KB)

ページの先頭へ戻る